quinta-feira, 10 de maio de 2018

Nissan Fairlady 200ZR, o primeiro turbo em cerâmica da história

世界初 セラミックターボ搭載! 日産 フェアレディZ 200ZR 試乗 【徳大寺有恒のリバイバル試乗記】


15インチのエアロディッシュホイールを採用し、バンパーはボディ同色だ。インタークーラーが上置きとなり、大型エアスクープが装着されることがVG2ℓターボとの外観の違いとなるVG20ETの170ps(グロス値)を上回る180ps (ネット値)を発生したRB20DETエンジン。グロス換算すれば30ps、3㎏mの大幅アップとなったTバールーフ装着車(ZR-Ⅱ)コックピット回りはスポーティな3本スポークで、メーターパネルはブラックの文字盤にホワイトの目盛りとなる Nissan Fairlady Z 200 mini 2by2 ZR-1 Especificações
comprimento: mm 4535
largura: 1690 mm
altura: 1310 mm
base de roda: 2520 mm
Motor: inline 6 cilindros DOHC turbo
deslocamento: 1998 cc
máxima de saída: 180ps/6700 rpm
binário máximo: 23o0kgm / 3600 rpm
Suspensão: Struts/semi tr
economy:9.7km/L(5MT) de combustível 10 modo
peso: 1.320 kg
Preço na época: 2524000 ¥  (1969)