terça-feira, 13 de março de 2018

Cellica XX 2800GT Lord

ソアラの心臓を持った最強のGTカー トヨタ セリカ XX 2800GT 【徳大寺有恒のリバイバル試乗記】

ソアラと同じ5M-GEUエンジンを搭載。ソアラの1300kgに対し1235kgと軽く、ピックアップもよかったソアラ同様デジタルメーターを採用。カーナビの元祖ともいえるナビコンが初めてオプション設定された荒々しい走りを見せるセリカ XX 2800GT。当時はオフロードでドリフトテストすることが、雑誌の流行でもあった徳さんがいうようにフェンダーミラーは余計な印象(ドアミラーの認可は1983年3月)。Cd値は0.35と意外にもリフトバックの0.34に若干劣っていたCellica XX 2800GT Lord
length: 4,660 mm  width: 1,685 mm  height: 1315 mm 
wheel base: 2615 mm
Engine: inline 6-cylinder DOHC

displacement: 2759 cc
maximum output: 170ps/5600rpm
maximum torque:24.0kgm/4400rpm
10 mode fuel economy:9.0km/l(6MT)
suspension: Struts/semi tr
vehicle weight: 1235 kg
price at that time: 2323000 ¥
Appeared in: 1981